ログインしていません。

返信

メッセージを書いて送信してください。
オプション
ボット判定

本当の人間が送信しようとしていることを確認します。

戻る

トピックレビュー(最新表示)

underodig
2019-07-27 22:27:40

何度かカーネルのアップデートがありましたが変化がない+毎回カーネルを巻き戻すのが面倒くさい+本当の問題が
どのパッケージに潜んでいるのかも解っていないので(kernelなのかsambaclientなのかcifsなのかその他のライブラ
リなのか)、当面はvers=1.0にて運用することにしました。

ちなみに、centos7ではこの問題は起こっていません(何もかものversionがちがうので参考にもなにもなりませんが)

underodig
2019-07-17 22:56:13

linux-5.2.1.arch1-1-x86_64が来ましたが変化無し。

vers=3.0では相変わらずWindows10共有フォルダのマウントが一つ成功すると、その他の共有フォルダーのマウントが
失敗します。vers=1.0だと、すべての共有フォルダがマウント出来ます。

underodig
2019-07-13 17:37:43

いつもお世話になっております。

特定の条件下でWindowsの共有フォルダをマウントできません。

マウント出来ない条件
  1)カーネルがlinux-5.2.arch2-1-x86_64である。

  2)マウント時「vers=3.0」にしている。
  mount -t cifs //PC名/共有名 ~/マウント先ディレクトリ -o user=***,password=***,uid=*
  ***,gid=****,workgroup=****,ip=***.***.*.*,file_mode=0777,dir_mode=0777,vers=3
  .0

どのような症状か?
  まったくマウント出来ないのではなく、今のところ分かっているのは
    Windows側のドライブC、D、Eを共有設定している場合
      最初にCドライブをマウントするとD、Eはマウント出来なくなる。
      最初にDドライブをマウントするとC、Eはマウント出来なくなる。
      最初にEドライブをマウントするとD、Eはマウント出来なくなる。

      ※普段は必要に応じて、上記コマンドをbashスクリプトにて実行しております。

とりあえずの回避方法
  1)linux-5.1.9.arch1-1-x86_64に巻き戻す(headersも含む)
    ※この場合vers=3.0にてすべてのドライブがマウント出来ます。
  2)vers=1.0にてマウントする。
   
linux-5.2.arch2-1-x86_64でもvers=3.0にてマウントする方法手段をご存知の方がおられましたら、
ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

Board footer

Powered by FluxBB